熊本県熊本市の歯科矯正・インプラントなら 関歯科医院 ワイヤー矯正・DENマウスピース矯正 インプラント 虫歯治療 歯周病 まで歯の健康をトータルで考えます

HOME » DENマウスピース矯正まるわかりガイド » 矯正装置をつける期間について

矯正装置をつける期間について

歯の矯正には歯を動かす期間と安定させる期間が必要です

本格治療(マルチブラケット装置)で2~3年

矯正装置をどのぐらいつけるかは、歯並びの状態はもちろん、性別や年齢などによって一人ひとり異なります。
目安としては永久歯列全体を矯正する場合、本格治療で使われるマルチブラケット装置をつけている期間は、
2~3年ぐらいとなります。

保定装置の必要性とは?

本格治療が無事に終り矯正装置を外したら、次は保定期間に入ります。
保定期間中はマウスピースなどの保定装置をつけるのが一般的です。

保定装置の役割は、次の二つです。

移動させた歯は、当初は、まだ不安定な状態で、放っておけば治療前の環境に戻ろうとします。そ
れを動かないように、押さえる役割が一つ目です。

もうひとつは新しい環境にまわりの組織がなじむようにするためです。

保定装置の期間は?

保定装置の装着期間は本格治療をしたケースで、1~3年ぐらいと言われています。
しかしこれも個人差がありますので、矯正後も一生保定装置を付ける必要がある場合もあります。

矯正してきれいに並んだ歯は、一生そのままではありません。
日常生活の噛み合わせなどで、歯の状態は刻々と変化していきます。
また加齢により、歯の支えも弱くなってしまいます。
そのため、保定装置を定期的につけることが必要になります。

矯正相談検診のご案内

まずは矯正相談検診(2,000円前後)の受診をお勧めします。

当院では「矯正相談検診」を行っております。

矯正相談検診のご案内矯正相談検診では、DENマウスピース矯正の特徴、他の矯正法との違いなど治療法の説明をはじめ、レントゲン撮影を行い、歯並びの現状をご自身で確認していただいたうえで、治療期間や費用がどのくらいかかるのかのご説明までさせていただいております。

個別具体的なご相談については矯正相談検診を受けられることをお勧めいたします。

マウスピース矯正ガイドINDEX

ページの先頭へ

熊本関歯科医院へのお問い合わせはこちら

熊本市の一般歯科、インプラント、審美歯科、小児歯科
矯正歯科(DENマウスピース矯正)、予防歯科

関歯科医院
DENマウスピース矯正提携クリニック
院長 関光輝(プロフィールはこちら
日本歯周病学会/日本インプラント学会 所属
〒860-0051 熊本県熊本市西区二本木3-3-29(アクセス

フリーダイヤル 0120-648-070(むしばをなおそう)
TEL 096-353-0212
診療時間:月~金9:00~18:00 土9:00~14:00
休診日/日祝
駐車場:あり(14台可)
info@seki-shika.com

熊本駅から徒歩15分。熊本市内および熊本県内全域から患者様にご来院頂いております。

熊本県内 熊本市(中央区、東区、西区、南区、北区)、八代市、人吉市、荒尾市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、宇城市、阿蘇市、合志市 玉名郡長洲町、菊池郡大津町、菊池郡菊陽町、阿蘇郡西原村、阿蘇郡南阿蘇村、上益城郡御船町、上益城郡嘉島町、上益城郡益城町、上益城郡甲佐町、上益城郡山都町、八代郡氷川町、球磨郡錦町
その他の地域 福岡県(大牟田市、福岡市、久留米市、北九州市)、鹿児島県(鹿児島市)、大分県(大分市、別府市)、長崎(長崎市、佐世保市)、佐賀県(佐賀市)、宮崎県(宮崎市、延岡市)など