熊本県熊本市の歯科矯正・インプラントなら 関歯科医院 ワイヤー矯正・DENマウスピース矯正 インプラント 虫歯治療 歯周病 まで歯の健康をトータルで考えます

HOME » DENマウスピース矯正まるわかりガイド » 悪い歯並びの体への影響

悪い歯並びの体への影響

不正咬合をそのままにしておくと健康に悪影響を及ぼします。

悪い歯並びは、むし歯や歯肉炎(歯周病)になりやすい

歯並びが悪いと歯みがきが隅々まで行き届かずに、むし歯や歯肉炎になりやすくなります。
人はだ液を分泌することで、自然に歯の汚れを落としていますが、歯がデコボコの人は、
自然なだ液の流れが損なわれるために、むし歯や歯肉炎にいっそうなりやすいといわれています。

悪い歯並びは、よく噛めないことによる全身的な影響

食べものがよくかめないと胃に負担がかかる上、だ液の出も少なくなり、
だ液に含まれている消化酵素が働けずに消化力が弱くなります。
また、かみごたえや歯ざわりが十分に味わえず、食べる楽しみも半減します。
スポーツ選手などは、奥歯をギュッとかみしめることによって、瞬発力や集中力を高めますが、
十分にかめない場合は、そのパフォーマンスにも影響を及ぼします。

悪い歯並びは、歯が折れたり、粘膜を傷つけやすい

歯並びがデコボコだったり八重歯が生えていたりすると、歯が粘膜や歯肉に当たって、
傷をつけてしますことがあります。

悪い歯並びは、将来的な歯科治療への影響

歯並びを悪いまま放置しておくと、将来的に歯がなくなったとき、
ブリッジをかけたり義歯を入れるなどの歯科治療がきちんとできなくなります。
その他、咬み合わせがずれていたり、奥歯がないと、肩こりや頭痛の原因の一つになることもあります。

矯正相談検診のご案内

まずは矯正相談検診(2,000円前後)の受診をお勧めします。

当院では「矯正相談検診」を行っております。

矯正相談検診のご案内矯正相談検診では、DENマウスピース矯正の特徴、他の矯正法との違いなど治療法の説明をはじめ、レントゲン撮影を行い、歯並びの現状をご自身で確認していただいたうえで、治療期間や費用がどのくらいかかるのかのご説明までさせていただいております。

個別具体的なご相談については矯正相談検診を受けられることをお勧めいたします。

マウスピース矯正ガイドINDEX

ページの先頭へ

熊本関歯科医院へのお問い合わせはこちら

熊本市の一般歯科、インプラント、審美歯科、小児歯科
矯正歯科(DENマウスピース矯正)、予防歯科

関歯科医院
DENマウスピース矯正提携クリニック
院長 関光輝(プロフィールはこちら
日本歯周病学会/日本インプラント学会 所属
〒860-0051 熊本県熊本市西区二本木3-3-29(アクセス

フリーダイヤル 0120-648-070(むしばをなおそう)
TEL 096-353-0212
診療時間:月~金9:00~18:00 土9:00~14:00
休診日/日祝
駐車場:あり(14台可)
info@seki-shika.com

熊本駅から徒歩15分。熊本市内および熊本県内全域から患者様にご来院頂いております。

熊本県内 熊本市(中央区、東区、西区、南区、北区)、八代市、人吉市、荒尾市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、宇城市、阿蘇市、合志市 玉名郡長洲町、菊池郡大津町、菊池郡菊陽町、阿蘇郡西原村、阿蘇郡南阿蘇村、上益城郡御船町、上益城郡嘉島町、上益城郡益城町、上益城郡甲佐町、上益城郡山都町、八代郡氷川町、球磨郡錦町
その他の地域 福岡県(大牟田市、福岡市、久留米市、北九州市)、鹿児島県(鹿児島市)、大分県(大分市、別府市)、長崎(長崎市、佐世保市)、佐賀県(佐賀市)、宮崎県(宮崎市、延岡市)など